洗濯でTシャツなどの衣類に毛玉が出来る原因と防止方法

まだあまり着ていないのに毛玉が出来てしまった!などという経験のある方も多いのではないでしょうか。
Tシャツなどは毛玉ができにくそうなイメージがありますが、Tシャツでも素材によっては毛玉が出来てしまうこともあるため注意が必要ですよ。

こちらでは、洗濯でTシャツなどの衣類に毛玉が出来る原因や、毛玉の防止方法などを探っていくことにしましょう。

毛玉が出来る原因って?

毛玉が出来る原因って?

毛玉が出来る大きな原因の一つに「摩擦」があります。
洗濯によって服同士がこすれることによって繊維が絡まってしまいます。そうしてまとまってしまったものが「毛玉」なのですね。

毛玉が出来る原因は洗濯だけではありません。
日常の動作によってこすれる部分にもできてしまいます。

特に毛玉が出来やすいのは、歩くときにこすれる脇の部分や、バッグの当たる腰のあたり、袖口などと言えます。リュックなどを使用している場合、肩紐が当たる部分も要注意です。

毛玉が出来やすい素材、出来にくい素材は?

ポリエステルやナイロン、アクリル、レーヨンなどといった化学繊維は、熱に弱く毛玉が出来やすいと言えるでしょう。毛足の長いものも毛玉が出来やすいです。
逆に綿や絹、麻などの天然繊維や、ウールやカシミヤなどの動物繊維は毛玉が出来にくいと言われています。

毛玉が出来るのを完全に防ぐことは難しいため、毛玉が嫌だという方は毛玉の出来にくい素材の衣類を選ぶのが良いかもしれませんね。
Tシャツなどは綿素材のものを選んだ方が毛玉が出来にくいようです。

衣類の毛玉の防止方法は?

洗濯の時にできる衣類の毛玉の防止方法をご紹介します。

静電気は毛玉の原因となりますので、静電気を防止するために柔軟剤を使用するのが効果的です。

また、特に毛玉を防ぎたい衣類には洗濯ネットを使用して洗濯をするという防止方法も有効でしょう。
このとき、洗濯ネットに入れる衣類は1枚だけにするのがポイントです。
数枚入れると、ネットの中で擦れが生じてしまいます。
なるべくぴったりしたサイズのネットに入れることを心掛けましょう。
衣類を裏返して入れると、さらに効果的です。

毛玉が出来てしまったらどうすればいい?

洗濯の時に対策をしていても、日常の動作やバッグなどの擦れでできてしまう毛玉はどうにもなりませんよね。
毛玉が出来てしまったらどうすればよいのでしょうか。

毛玉を見つけると手でむしりたくなってしまいますが、それはやめたほうが良いでしょう。
繊維が引っ張り出され、その部分だけ生地が薄くなってしまいます。
そのうえ毛玉を取った部分が毛羽立ったような状態になっているため、さらに毛玉が出来てしまう可能性が高いです。

毛玉が出来たら、根元をハサミでカットしましょう。
くれぐれも、生地を傷めないように慎重に行ってください。

洗濯時にできる毛玉の防止方法を実行し、出来る限り毛玉を防ぐのが良さそうですね。
お気に入りだとしょっちゅう同じ服を着たくなってしまいますが、着用が多いとそれだけ毛玉が出来やすくなります。
たまには休ませてあげるようにすることも、毛玉防止になるはずです。