クリーニング染み抜きの料金と日数、油汚れの自宅のシミ抜き方法を解説

大切な衣類にうっかり油やカレーの汚れがついてしまうことってありますよね。
すぐに洗濯機にかければ、なんとかシミにならないこともありますが、時間が経過してしまうとシミが取れないことも……

もし、クリーニングで染み抜きをしてもらいたいのなら、宅配クリーニングがおすすめです。
染み抜きも完璧な、おすすめの人気宅配クリーニング業者を紹介しますので、ぜひ、申込みをしてみてくださいね。

染み抜きも安心のおすすめ宅配クリーニング業者一覧

【会員数10万人の安心感! リネット】

リネットは宅配クリーニングの最大手!

2016年6月の時点で、会員数も15万人以上ととても多いです。

リネットは、安いクリーニング料金と豊富なオプションが魅力です。

リネットのメリット

■会員数15万人以上、利用者多数なので安心♪
■プレミアム会員は設定料金が安くなる
■最短日は5日→プレミアム会員は2日と業界最速!
■2回目以降はコンビニ発送が可能
■染み抜きが無料
■最大8カ月まで保管してくれる
■不備があった場合は1週間以内なら無料で再仕上
■送料が往復無料

リネットの詳細ページはコチラ

【高品質な宅配クリーニング リナビス】

リナビスは、創業55年のクリーニング店の老舗です。

リナビスの良いところは、ネットで宅配クリーニングをやっているのにスタッフの顔がサイトで確認できるところです。

どんな人が、自分の服をクリーニングするか分かるので、これなら安心して大切なスーツやお気に入りの洋服をお任せすることができますよね。

リナビスのメリット

■衣類を一点一点、自然乾燥させているので仕上がりが丁寧♪
■スタッフの顔が確認できるので思い出の品も安心して任せられる
■最短5営業日でできる
■染み抜きが無料
■保管は最大6カ月、随時受付対応可能
■送料が往復無料

リナビスの詳細ページはコチラ

【クリーニングと保管なら光栄舎のクロークネット】

クロークネットの動画はこちらをどうぞ♪

クロークネットが一番おすすめな理由は、洋服の高品質なクリーニングと保管が同時にできるところです。

冬物・夏物など、季節が終わってしばらく着ない衣類は、そのまま部屋に置いておくとスペースがかさ張ってしまいますよね。

クロークネットは、同時に衣類を預かってくれるので、洋服の分のスペースのフル活用が可能です。

料金も、染み抜き作業も含めての価格なのでお得感があります。

クロークネットのメリット

保管期間最長9カ月
■着実な発送かつ往復送料が無料!
保管料・染み抜き作業も込みでの低価格
■業界最多の検品回数
■スタッフの対応が丁寧!
顧客別で洗濯物を洗うので他の顧客の衣類と混ざらない
大切な衣類を、人の衣類と一緒に洗われたくない人にも最適)

クロークネットについて詳しく知りたい方はコチラ

【パッククリーニングがお得♪ せんたく便】

せんたく便は、クリーニングの仕上がりが良いのはもちろんですが、数点パックの価格設定が他社と比較として安いです。

数点パックは、ズボンを入れても、コートを入れても、ジャケットを入れても価格は同じです。

なので、クリーニング料金が高いコートやジャケットなどをたくさん依頼したい人には、とってもおすすめです♪

せんたく便のメリット

■数点パックの価格設定がすごくお得♪
■染み抜き無料
■ふとんクリーニングも注文ができる
■プラズマクラスターイオン発生機を設置した部屋に洋服を置くので保管も安心
■最短5営業日に届けてくれる(最大30日後の納品もできる)
■保管期間、業界最長9ヶ月
■入会費、年会費が無料
■送料は往復無料
※沖縄・離島は配送料が1000円かかります。

せんたく便の詳細ページはコチラ

いかがでしたでしょうか。
ただいま、名前を挙げてご紹介した宅配クリーニング業者はすべて、染み抜きは無料で対応しているので非常におすすめです。

もし、お気に入りのワンピースや大切なスーツやコートなどに染みがついてしまったら、染み抜きにこちらの宅配クリーニング業者をお願いしてみても良いと思います。

宅配クリーニングは、衣類を直接クリーニング店に持っていく必要がなく、クリーニングが終われば、自宅や指定先に配送してくれるのでとっても便利です。

今まで行き付けのクリーニング店を使っていたんだけれど
「わざわざ、衣類をお店に持っていく必要があるのはちょっと面倒くさいんだよなぁ……」
という人は、ぜひ、宅配クリーニング業者を使ってみてくださいね。

クリーニングの染み抜きにかかる料金(値段)

衣類にインクや油、食べ物の汚れがついてしまったとき、すぐに洗濯機にかければ汚れが取れることもありますが、通常の自宅での洗濯ではシミが落ちないこともあります。

そんな場合に、クリーニング屋さんにお願いして染み抜きをしてもらえば良いのですが、果たして料金(値段)はどれくらいかかるのでしょうか。

一般的に、クリーニング屋さんの染み抜きは、どのくらいの料金でやってくれるのでしょうか。

これはクリーニング屋さんによって料金設定が異なるため、一概に染み抜きはの料金はいくらとは言えません。

通常、クリーニングでかかる料金にプラスして染み抜きの費用が発生し、シミに種類や大きさ、衣類の種類によって数百円から数千円ほどの料金が追加でかかることになります。

でも、クリーニング料金って、できるだけ安いものにしたい、というのが人情ですよね。

結論から言えば、先ほどおすすめした宅配クリーニングの業者リネット・せんたく便・リナビスは、すべて、染み抜きは無料でやってくれています。

なので、通常のクリーニング料金で、染み抜きもやってくれることになります。

リーズナブルにクリーニングをしてもらいたい人にもおすすめですよ。

たとえば、リネットの場合は、

・油溶性のしみ(食油・皮脂など)
・水溶性のしみ(ワイン・ジュースなど)
・たんぱく質のしみ(ご飯・牛乳など)

上記のシミであれば、無料で染み抜きを行ってくれます。

ただし、こちらで挙げた以外の種類のシミ、つまり、ボールペンなどのインク染み、顔料やパーマ液などの色素系のシミの場合は、染み抜きをすることが難しい可能性があります。

インク染みなどを落として欲しい、という人は申込みの際にリネットの担当者に相談してみるのが良いかもしれませんね。

リネットの詳細ページはコチラ

また、染み抜きの腕が良い宅配クリーニング業者としてはリナビスも挙げられます。

リナビスの場合も、染み抜きは無料で行っています。

リナビスは、クリーニング歴40年以上のベテランもおり、熟練の職人が長年の経験から判断して、20種類以上もの洗い方から最適な染みの抜き方をチョイスします。

なので、自分の大切な衣類のシミをできるだけ服を傷めることなく、染み抜きして欲しいという人には、リナビスはおすすめです。

リナビスの詳細ページはコチラ

クリーニングの染み抜きにかかる日数(期間)

では、クリーニングの染み抜きにかかる日数(期間)はどれくらいかかるのでしょうか。

これについては、シミの種類や、クリーニング業者、混雑状況によって変わるので、これくらいの日数(期間)で染み抜きは終わるよ、と具体的にお教えできないのですが、それでも目安はあります。

たとえば、先ほどおすすめさせてもらったリネット、せんたく便、リナビスのクリーニング(染み抜きも含む)でかかる日数(期間)は、以下の表のようになっています。

おすすめ宅配クリーニング業者のクリーニングにかかる日数(期間)

宅配クリーニングの業者クリーニング(染み抜き)にかかる期間・日数
リネットプレミアム会員なら2日(会員でない場合は5日)
せんたく便5営業日
リナビス7営業日

上の表を見て分かるように、もし、できるだけ早く衣類を染み抜きして、自宅や指定場所に届けて欲しいという場合は、リネットがおすすめです。

リネットは宅配クリーニング業界の中でも、仕上がりの早さはトップクラスです。

プレミアム会員(月額たった324円!)になるだけで、最短2日で自宅にクリーニングされた衣類が送られてくる、というのは嬉しいですよね。

なので

・お気に入りのコートやワンピースをデートまでに間に合わせたい!
・勝負服のスーツで大事な取引に望みたい!

このような理由で、できるだけ早く染み抜きした衣類を受け取りたい人はリネットに申込みをするのが良いかもしれませんね。

リネットの詳細ページはコチラ

また、リナビスは紹介した宅配クリーニング業者の中では、一番クリーニングの時間がかかりますが、その分、仕上がりは非常に高クオリティです。

大切な衣類なので、生地を傷めず、丁寧に染み抜きをして欲しいという場合は、リナビスがおすすめですよ。

リナビスの詳細ページはコチラ

自宅・家庭でできる染み抜きの方法

さて、続いて、今度は自宅・家庭できる染み抜きの方法を解説したいと思います。

食べ物の汚れのような比較的落としやすいシミならば、クリーニング業者にお願いしなくても、自宅・家庭でシミを落とせることもあります。

ここで、油汚れやカレー、ワイン、ボールペンのシミなど、それぞれのケース別で染み抜きの方法を解説していきましょうか。

油汚れの染み抜きの方法

軽い車いじりや自転車チェーンなどでついた油汚れは、食器用の中性洗剤とメイク落としのクレンジングオイルを使いましょう。

クレンジングオイルを使う理由は、油を上手に溶かしてくれる作用があるためです。

まず、食器用の中性洗剤で油汚れの場所をつけていきます。

それから、今度はクレンジングオイルを中性洗剤と同じくらいの量つけていきましょう。

それから、今度は歯ブラシやブラシを使って、中性洗剤やクレンジングオイルを衣類に
なじませていきます。ブラシは裏を使った方が生地への当たりがソフトになるので傷みにくいです。

衣類に中性洗剤とクレンジングオイルが馴染んだら、40度くらいのぬるま湯ですすいでこすり洗いをしましょう。

カレーの染み抜きの方法

<カレーの画像を挿入してください>
実は、カレーのシミというのは非常に厄介です。

というのも、カレーのシミというのは水溶性の汚れと油性の汚れが混じり合うという複合的なものだからです。

特に、カレーに含まれる香辛料の黄色い色素(クルクミン色素)はすごく落ちにくいんですよね。

そんなカレーの染み抜き方法を紹介します。

まず、カレーの場合は、シミになった部分を水で軽く濡らし、食器用の中性洗剤をつけましょう。

なぜ中性洗剤を使うのかというと、アルカリ洗剤の場合は、色落ちがしやすくなるからです。

<洗剤の画像を挿入してください>

次に、綿やポリエステルの場合は、シミになった部分をもみほぐしましょう。

繊細な扱いが必要な衣類の場合は、染み抜き棒を使用するのが良いと思います。

シミが小さいなら綿棒を使うのもアリです。

注意点は、シミを落としている最中に生地の裏までカレーが浸透してしまう可能性があること。

生地の裏にタオルを敷いておくと、下の生地までカレーが染みてしまうことを防ぐことができますよ。

染み抜き棒や綿棒でトントンと叩き、足りなければ、途中で洗剤を追加しましょう。

これが済んだら、シミの部分を水で軽くすすぎましょう。

全体を濡らすと扱いが大変になってしまうので、シミの部分だけを濡らせばよいと思います。

ここまですれば、シミはかなり薄くなりますが、カレーのシミはとてもしつこいので完全には落ちていないでしょう。

なので、ここで漂白剤の出番となります。

漂白剤を使うときに注意することは、衣類の地の色まで落ちてしまうことです。

なので、漂白剤を利用するときは、その服の目立たないところに塗布して脱色が発生しないかを試してみましょう。

脱色が発生したら、その漂白剤とは別の漂白剤を使った方が良いです。

また、塩素系、還元系漂白剤は衣類を傷めるので利用しない方が良いと思います。

漂白剤をつければ、カレーのシミはかなり薄くなります。

シミが残る場合は、4、50度ほどのぬるま湯に酸素系漂白剤とアンモニア水を入れて、2時間ほど放置すれば、シミはほとんど落ちるでしょう。

ただし、汚れによってはどうしても落としきれないこともあります。

より完全に近い染み抜きをしたいのであれば、私が紹介した宅配クリーニングの業者リネットやリナビスなどにお願いするのがおすすめです。

リネットの詳細ページはコチラ

リナビスの詳細ページはコチラ

ボールペンの染み抜きの方法

ボールペンなどのインクのシミはどうやって落とせばよいのでしょうか。

インクのシミは、衣類やインクの種類によって落ちやすいものと落ちにくいものがあります。

ちなみに、ゲルインクのボールペンの場合、家庭でシミを落とすのは難しいので、クリーニング店にお任せした方が良いでしょう。

油性ボールペンの染み抜きの方法は簡単です。

薬局などで消毒用のエタノールを購入し、こちらを台所洗剤と同じ量を混ぜましょう。

シミのついた部分を裏返し、タオルやキッチンペーパーなど、汚れが移っても良いものを直接あてがいます。

次に、作成したエタノールと洗剤の混合液を、綿棒や染み抜き棒につけ、上から優しくトントンと叩いてあげましょう。

汚れが落ちてきたら、シミの部分を水ですすぎます。
全体を濡らしてしまうと大変なので、シミの部分だけを濡らせばよいと思います。

輪ジミが発生してしまった場合は、もう一度、洗剤をつけてもみほぐしましょう。

シミが取れたな、と思ったら、今度はそのまま衣類に合った洗濯方法で洗えばOKです。

当たり前の話かもしれませんが、染み抜きは洗濯前に行うのがベストです。

洗濯して乾燥まで行ってしまうとシミは取れにくさが倍増します。

ワインの染み抜きの方法

ワインのシミは、すぐに水や洗剤で洗えば落ちる可能性も高いです。

時間が経過すると、すごく落ちにくいシミになるので注意しましょう。

ワインのシミの場合、基本的に酸素系の漂白剤で落とすことになりますが、衣類によっては漂白剤を使うと色落ちしてしまうことがあります。

なので、一度、漂白剤を衣類の目立たない箇所につけてみて、色落ちが激しければ、その漂白剤は利用しない方が無難です。

漂白剤は酸素系を利用し、塩素系・還元系の漂白剤は使用しないようにしましょう。

漂白剤をつけてシミが取れれば、あとはその衣類に合った洗濯方法で洗濯をすれば良いかと思います。

ワインの染み抜きは、洗濯前に行ないましょう。

衣類を洗濯・乾燥してしまってからだと、シミが落ちにくくなります。

トマトソースなどの汚れの染み抜きの方法

油汚れの場合、まずは応急処置としてティッシュやタオル・布などで汚れを移し取るようにしましょう。

次に、食器用の中性洗剤を衣類の汚れがついた部分に塗ります。歯ブラシなどでなじませれば、さらに良いのですが、あまりゴシゴシと塗ってしまうと繊維が傷んでしまったり、脱色してしまう危険もあります。

歯ブラシを使うときは、撫でるように優しく行いましょう。

その後、今度は40度くらいのぬるま湯ですすぎながら洗います。

汚れが落ちない場合、少しだけで中性洗剤の量を増やし、同じことを何回か繰り返します。

ある程度、油汚れが落ちたら、今度は洗濯機に入れて洗えばOKです。

いかがでしたか。
以上が、いろいろな染み抜きの方法です。

ちょっと手間はかかりますが、頑張れば自宅・家庭で染み抜きをすることができるので、興味のある方は試してみてくださいね。

ただし、クリーニングの専門家でない私たちが自宅・家庭で染み抜きをした結果、シミが広がったり、輪ジミになったり、被害が広がる恐れもあります。

このようなリスクをおかしたくないのであれば、やはり、専門のクリーニング屋さんを利用するのがおすすめです。

私がおすすめした宅配クリーニングは、どこの業者も無料で染み抜きをしてくれますし、口コミでも高評価を受けていますので、もし、染み抜きや安上がりでやって欲しいのなら、こちらも頼ってみてはいかがでしょうか。

染み抜きも安心のおすすめ宅配クリーニング業者一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です