ダウンジャケットをクリーニングするならリネットがお勧め!

ダウンジャケットのクリーニングを検討している方へ

ダウンジャケットをクリーニングに出す際の不安点ですが、基本的に次のようなことが挙げられます。

・きちんと綺麗になって戻って来るのか?

・値段は高くないか?

・傷みや破れなどの破損の心配は無いか?

ダウンジャケットは高いものですし、一冬を越すためには大事なアイテムの一つです。100%クリーニングを信じ切って、いざ戻って来た時に何か問題があった時はさすがに凹んでしまいますよね。

しかし最近の宅配クリーニングは非常にレベルが高いと言えますので、そのような心配は皆無と言っていいでしょう。万が一のことを考えてしまうのも理解できますが、基本、何も問題無く綺麗に仕上がってあなたの元へ戻ってくるはずですよ。

ダウンジャケットをクリーニングするのでしたら、ぜひリネットに頼んでみてはいかがでしょうか。

リネットの詳細ページはコチラ

ダウンジャケットクリーニングの料金

考えなければならないことは、料金の件だけだと思います。いかに安くして綺麗に仕上げてもらえるか?そのことだけを考えておけばいいでしょう。

さて、それでは気になるダウンジャケットにおける料金の相場ですが、なかなか高く付いてしまいそうです。しかし宅配クリーニングもたくさん業者がありますし、各々割引パックや、キャンペーンなどもある為、上手に店選びを行うことが重要となってきます。

平均的には2,000円前後で、ハイブランドの高級ダウンジャケットであれば、5,000円以上、7,000~8,000円前後掛かってしまう場合もあるようです。

価格が高くなる理由としては、ファーや装飾、付属品が付いていたり、部分的に毛皮や革が使用されていたりするなどで、細々なオプション料金が加算されることがあります。

飛び切り高級な衣類は1~100まで、職人の完全手仕上げにすることをお勧めされたりしますので、そうなるとやはり価格も驚くほど高くなってしまいます。その際の相場観としては、プラス1,000円台~2,000円前後と思われます。

宅配クリーニングは前述したように○点で○円というパック価格が主流となっていますので、ダウンジャケットだけを考えると高く付いてしまいますが、その他のものと同じ便に乗せれば、かなりの割引が見込めますし、お得感も生まれてきます。

そのようなパック料金にしている宅配クリーニング店でダウンジャケットもその内に入れてもOKであれば、組み合わせによってはもっとお得になることもあるでしょう。

最安値としてはジャケットメニューとして500円~1,000円以内で行ってくれる宅配クリーニング店も存在します。しかし大切なダウンジャケットで、しかも高いものである場合は、やはり慎重に店選びをするようにしてください。

通常のドライクリーニングができるジャケットかどうかで判断が変わるところですので、洗濯表示をみて基本的には「依頼する前に相談」が重要となってきますので、内容確認の時に話し合いを求めるのが最も効率的な方法と言えるでしょう。

それでは優良店で広く知られている「リネット」でシミュレーションしてみましょう。

リネットのダウンジャケットの基本料金は1,900円となります。

しかし、良いものになればなるほど、やはり追加料金が発生してしまいます。

・基本料金 1,900円

・一部革素材 330円

・付属ファー/ボア 760円

・全面ファー/ボア 1,240円

・装飾/レース、フリルなど 330円

・ウェット加工 700円

・デラックス仕上げ 1,000円

このように優良店で知られるリネットにおいても、これだけの追加料金は掛かってしまいます。しかし腕は確かですので、全てお任せしても納得いく仕上がりになるのは間違いないでしょう。

基本料金、並びにオプション料金を全て合算しても、6,000円少しの価格です。非常に高く感じると思いますが、ここまでの料金はあくまでハイブランド(装飾品フルの場合)のケースです。

よく考えれば3~5万円あたりの高級ダウンジャケットの場合、大事に着使えば10年間以上の付き合いも考えなければなりません。

大切なものほどお金を掛けて、いつまでも使用し続けることも念頭に置けば、クリーニングのプロに毎年ケアしてもらうのもおかしくありません。

特にリネットはダウンジャケットのクリーニング作業において非常に評判も良く、きっと「任せて良かった!」と思える出来上がりになります。

尚、何度も記していますが、パック料金や、まとめ料金などで、価格が良い意味で変動を起こす(安くなる)のは嬉しいですね。

最後に…ダウンジャケットと一概に言っても、素材などの違いでクリーニング方法と料金が異なることがお分かり頂けたかと思います。

判断基準は洗濯表示マークですので、ご自身である程度確認した上でクリーニング店の方と相談するのが良い選択となります。

失敗してもいい服や洗濯上手な方は手洗いなど表示に沿った洗濯方法をやってみるのも選択の一つですが、慎重に洗濯する手間暇を考えた時に、数百円~数千円を安いと考えるかどうは人によって違いがあるでしょう。

これらを踏まえて、納得のいくダウンジャケットのクリーニングをしてもらえればと思いますが、やはり最終的にはプロにお任せした方が一番良い判断であることは間違いありません。

リネットの詳細ページはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA