ワイシャツをクリーニングするならリナビスにお任せ!

ワイシャツのクリーニングを検討している方へ

忙しいビジネスマンの味方、クリーニング。お店に持って行った方が早いですし、出来上がりにも安心できますよね。しかし、クリーニングの出し方に不安を感じることはありませんか?

今回はワイシャツをクリーニングに出す時の疑問にお答えします。頻度や出す時に気を付けることなど、これを見ればワイシャツをクリーニングに出す時に迷う必要がなくなります。

クリーニングのことに1番詳しいクリーニング店の意見を参考にご紹介しますので、ワイシャツのクリーニングに疑問がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

まず気にしてしまうのは、「どれくらいの頻度でクリーニングに出したらいいの?」ということではないでしょうか。

クリーニングに出す望ましい頻度は「1週間に1回〜1シーズンに2回」です。ワイシャツは1週間に何度も同じものを着ることがないように、月~金を毎日着替える前提で最低5枚以上持っていることが理想的です。

クリーニングは基本的に高温・高圧で行われる為、ワイシャツの生地が家庭での洗濯に比べて傷みやすくなります。ワイシャツの枚数が少なく、着るたびにクリーニングに出さなければいけないという状態は、極力避けるようにしましょう。

では、「ワイシャツはクリーニングに出さない方がいいの?」と感じるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

特にシーズン終わりやしばらく着ない時など、ワイシャツを長期保管する前は必ずクリーニングに出すことをおすすめします。クリーニングに出すと殺菌効果があり、また圧力をかけてきれいに仕上げてくれるので型くずれしにくくなるためです。

石けん、洗剤、洗浄助剤、漂白剤など専門の溶剤をプロが正しく選択したものを使用して、温水(40度〜70度)で洗っています。ワイシャツの生地を傷めることのないギリギリの水温設定で汚れがよく落ちます。

濡れたまま高温でプレスすることで、シワが伸びるだけではなく、殺菌効果も生まれてきます。襟やそで口、腕など各部分が分かれているものや、マネキンのように全身に着せるものなど、様々な種類の専門のプレス機があります。

多くのクリーニング屋では、シワが付いたり汚れたりするのを防ぐ為に、自動包装機で包装してお客さんに返しています。ワイシャツの仕上げに関しては「たたみ仕上げ」と「吊るし(もしくはハンガー)仕上げ」が選べる店もあります。

たたみ仕上げはコンパクトにたたんでくれるので持ち運ぶ時に、吊るし(ハンガー)仕上げはシワが伸びた状態で渡してくれるのでそのまま着る時に利用すると良いでしょう。このようにクリーニング店では、水に対して耐久性があって、汗などの水溶性の汚れがつきやすいワイシャツに適した洗い方が行われています。

それでは次にクリーニング店選びにおける重要ポイントを押さえておきましょう。これを知っているだけで、あなたのワイシャツの寿命が全然違ってきますので、しっかりと目を通して頂ければ幸いです。

まず技術についてですが、こちらに関しては、実際に出そうと思っているクリーニング店に直接聞くのが1番効果的だと言えるでしょう。自分が答えたことにスタッフがきちんと答えてくれるのか、信頼できるようなやり取りができるかどうかが重要です。

その他では、一度クリーニングに出してみて、自分が満足できる仕上がりかどうかを確認する、というのも1つの方法です。その前に、出そうと考えている店舗に工場(加工場)があるかどうか確認されるといいでしょう。

最近では受付のみで、実際に作業するのは別の場所、というケースも少なくありません。実際に衣類を持って行ったところに職人さんが滞在しているところこそ最もベストであると言えるでしょう。

次に料金形態ですが、こちらはピンからキリまであります。およそワイシャツの相場としては200円台〜300円台が相場のところがポピュラーです。

クリーニング料金の中で、他の衣類より安く設定されているのは、ワイシャツの回転率が非常に高いからです。こちらは皆様ご存知でしたか?

中には稀に100円以下の激安クリーニング店もありますが、安いことには理由があると考えた方が良いかもしれません。安い洗剤、まとめ洗い、他多くの謎があると思いますので、安いからといって決定を打つのはお控えください。

最後に受取りに関してですが、使用頻度が高いワイシャツだからこそ、確実に受け取ることができるのかどうかも重要となってきます。

仕上がるまでにかかる時間はクリーニング店によって異なります。3時間で仕上げてくれるところもあれば、2日〜3日かかるところもあります。(この場合は、順序性を守っているところで持って行った日には作業してくれないところです)

基本的に営業時間と自宅からの距離などを確認して、自分が受け取りやすい場所を選ぶようにしましょう。宅配サービスを利用する場合は、自宅にいることが多い時間帯を受け取り時間として設定できるのかどうか、今一度確認した方がいいかもしれません。

宅配クリーニング人気業者一覧はコチラ

ワイシャツのクリーニングならリナビスがおすすめ

それではワイシャツ限定で考えた時に、一体どこの宅配クリーニング店を使えば良いのか、お勧めのお店をピックアップして皆様にお伝えしましょう。

宅配クリーニングで人気店は数多く存在します。例えばリネット、リナビス、せんたく便、洗宅倉庫、などです。そして今回ワイシャツ限定で考えた時にお勧めするところは「リナビス」を挙げてみました。

リナビスをなぜ筆頭に持ってきたかと言うと、前述で条件に挙げた「技術」「料金」「受取り」3部門の重要項目でトータル的に優位に勝っていたからです。

リナビスは兵庫県西脇市に本拠地のある老舗クリーニング店です。おせっかいサービスと、高品質な精度が受けている人気店です。

会員数を1万人限定に設定している理由は、「作業が疎かになってしまう」からだという、一人一人、一枚一着を大切に扱う宅配クリーニング店なのです。

来るもの拒まず…ではなく、本当に必要としているお客さんに対しての絶対的信頼を示しているのです。

リナビスは初回5点が5,292円と比較的通常価格なのですが、送料が無料、上質素材や付属品があった場合も無料と、オプションの充実性を感じるところがお勧めする大きな要因となっています。

リナビスの詳細ページはコチラ

「おせっかい」が当たり前のリナビスは、言われていないものも作業の一環として考えてくれています。

・ボタン付け

・ほつれ直し

・シミ抜き

・糊付け

他社では数百円を追加で払わなければならないものも、セット料金の中に含まれているところが嬉しいですね。特にワイシャツとなると、ヘビーローテーションでオーダーしなければならない衣類ですので、これは非常にありがたいサービスと言えます。

会員数を増やさない理由も、既存のお客さんをとにかく大切に、尽くし切るといった企業理念のもと決められた社内ルールです。リナビスの職人さん達は目の前の一枚一着に対して全身全霊で向き合っているのがよく理解できます。

宅配クリーニングでお願いする時の審査基準は、決して料金だけではなく、仕上がり具合い、仕上がり日、アフターケア、それだけお客さんのことを考えているかが、決めてとなってきます。


加えてリナビスは宅配クリーニングの特徴でもある「保管」に関しても一切料金を支払うことがありません(基本セット料金に含まれています)

ここではワイシャツの話だけですが、保管システムも優れているのであれば、ワイシャツ以外のコートなどでも個人的にはリナビスを推したいと思っています。

リナビスの詳細ページはコチラ

宅配クリーニング人気業者一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA